PCニガテ女性講師のためのお教室集客

ウイルス対策!オンライン教室授業のやり方

未分類

こんにちは!
毎月10人の新規生徒を集める
お教室集客コンサルタントの福田早苗です^^

3/25東京都知事の発表により
外出自粛となりましたね。
休業している教室の先生
も多いと思います。

わが着付け教室も休業しています。

今後も対面のレッスンが
厳しい状況が続くのではないかと思います。

この状況を乗り越えるために!!
どのように乗り越えれば良いか
こちらについてお話していきます。

結論からいうと
1.講座をZOOMで開催すること
2.ZOOMで開催できる講座をつくること
3.今のうちに基盤を整えること

今回は
1.講座をZOOMで開催すること
についてお話しますね。

教室の先生なら対面が講座(レッスン)が
一番ベストですが
オンラインで講座を開催しましょう。

オンライン講座ってどういうこと?

ZOOMなどのインターネット電話を使って
カメラに映っている生徒さんに対し
講座をする。

いったいどうやって???

例に挙げてみましょう。
・料理教室
・刺繍教室
・着付け教室
・ピアノ教室

どれを取っても手元重視の講座(レッスン)です。

この内容をどうやってZOOMで行うか・・・
先生の課題ですね。

自分が動くまたは、カメラを動かして手元を見せるか?
動作の根本から考えなくては行けません。

例その1)ピアノ教室
生徒さんの手元があまり動かないピアノならば
スマホを三脚などで固定して撮影。

生徒さんも同様に三脚でスマホを固定して
撮影してもらうという協力が必要。

例その2)料理教室
先生の手元を
アクションカメラで撮影。

突っ張り棒で固定して
先生の手元が映るようにします。
カメラが曇らないようにチェック!
スマホで確認できます。

※アクションカメラが必要となりますが
今後のことも考えて購入を検討しても
良いかもしれませんね。

例その3)刺繍教室
先生の手元を移すだけならスマホを固定して撮影開始。
固定するのはクリップ式のアームスタンドがお勧め。

グループ講座ならば、みんな一斉にスタート
教材が生徒さんの手持ちがないなら、
先生が送って上げるなど事前に準備も必要。

例その4)着付け教室
これね、わたしの問題でもあります。
一番「難関」と思っています。

先生の動作を見せることは割と簡単
スマホを三脚で固定すれば良いだけです。

問題は生徒さんの映像を見えるように
写してもらえるかです。

生徒さんも協力してもらい
近づいたり、離れたり、
後ろを向いたりして協力をしてもらう。

生徒さんに必要なのは
スマホアームスタンド。
テーブルなどに根元を挟んで、スマホを設置
アームが曲がるタイプにすると
見せたい部分へ動かしやすい。

先生と生徒をつなぐのは
インターネット会議ができる
ZOOM(ズーム)が軽くて良いです。
他にも
スカイプ
Facebookメッセンジャー
LINE電話
もあります。

スマホのアームスタンドをネットで見ていたら
できるような気がしてきました!
さっそくテストしてみようと思います。

先生と一緒にネットで講座をするために一緒に考える
講座を始めました。
ストアカに先生の講座を登録しておけば
新規の生徒さんがやってきます。

ストアカの特徴とタイトル設定など
どのようにしたらオンライン講座にできるか!
なども一緒に考えましょう。^^